DTCマーケティングを統合的にコンサルティング支援します。

経験と実績に裏打ちされた対応

株式会社アーベーツェーは豊富な経験にもとづき製薬企業様のマーケティング活動、
特に医療消費者をターゲットとしたDTCマーケティング活動を
統合的にコンサルティング支援してまいります。

 

おかげさまで設立10周年
各界を代表する方々との対談を企画実施中

株式会社アーベーツェーは2018年1月31日に設立10周年を迎えます。

 
会社設立当時は、まだ日本の製薬業界においてDTCに対する理解が進んでいるとは言えず、この新しいマーケティング手法を製薬企業各社に啓発しながらの毎日でした。
そこで、この節目を記念して、DTCに関する話題を中心に関連する各界を代表する方々との対談を企画いたしました。
 

大石 芳裕 氏

明治大学経営学部および大学院経営学研究科教授 グローバル・マーケティング論担当


 
著者は2001年に入学した明治大学大学院経営学研究科のマネジメントコース(MBAコース)で、指導教授である大石教授と出会う。当時、医薬品の専門広告代理店で広告とマーケティングの実務に従事し、米国の製薬業界で取り組まれていたDTCを体系的に理解し、把握するための研究に取り組んでいた著者に大石教授は研究者の学際的な視点から研究への指導を行ったという。
 

沼田 佳之 氏

株式会社ミクス 代表取締役 Monthlyミクス編集長


 
医薬情報とマーケティングの専門誌編集長として、製薬業界や医学・医療界、医療行政を見つめてきた沼田氏。製薬業界を取り巻く環境の変化や地域医療連携・地域包括ケアへと向かう医療界の動向、ICTやIoT、ビッグデータ、AI技術など進化するIT技術と医薬マーケティングの関係などについて語っていただいた。
 

加藤 和彦 氏

あすか製薬株式会社 取締役常務執行役員(開発本部長、創薬研究担当)


 
外資系の製薬企業や食品メーカーを経て、エビデンスに基づいたマーケティング支援サービスを提供するベンチャー企業を立ち上げた経験をもつ加藤氏。20年以上も前から、患者さんへの情報提供やコミュニケーションのあり方を模索してきた同氏の目に、インターネットやIT技術が進歩した現在はどのように映るのか、今後の方向性や可能性について話していただいた。 

 

香取 久之 氏

特定非営利活動法人 希少難病ネットつながる(RDneT/アールディネット)理事長

第四弾12月公開予定
乞うご期待


 
 

高橋 義宣 氏

ノーベルファーマ株式会社 営業本部長

第五弾1月公開予定
乞うご期待


 
 

著書紹介

『新版 DTCマーケティング』(日本評論社)

弊社代表取締役古川隆執筆により、2005年に 発売された初版の改訂版です。日本でDTC マーケティングに関わる多くの人に読まれて います。
 

DTCに関するWebセミナー

製薬企業マーケティング部門の皆様向けにメールマガジンを無料で発行しています。

日々お仕事などで忙しくされている皆さまに一服の清涼剤として美しいオーストリアの映像と写真をこのギャラリーでお届けします。