DTCに関するFAQ集

知人の会社でDTCを実施した際に、委託する会社の選定がうまくなく、結局失敗したと聞きました。DTCを実施する際に委託する会社はどうやって選べばよいのでしょうか?


 
DTC を実施する際に業務委託をする会社(多くの場合は総合広告代理店であることが多い)を選択することはその成功に大きく影響します。購買部門がかなりしっかりとした企業でも DTC 実施に関するノウハウがないと選定がうまくいかないことがあります。現在、 DTC の実施では成功しているとみられている企業でも最初のうちは委託会社の選定に失敗した経験を持っていたりします。その失敗を踏まえて正しい選定ができるようになったということです。それでは、あまり DTC の実施経験がない企業が正しい選択をするにはどうすればよいのでしょうか。まずは社内で DTC の戦略フレームワークをきちんと構築することです。これがきちんとできていれば委託すべき会社がどのような業種であるかが見えてきます。また DTC コミュニケーションの目的も重要です。目的を達成するためのパートナーとなる企業はどういうところなのかという視点も必要です。そのうえで、複数の候補会社を選定し、緻密なブリーフィングを実施した後、選定する方法をお勧めします。候補選定がいい加減であったり、情報のインプットが杜撰であるとアプトプットの精度も低くなり DTC の実施段階では大きなブレが出てきて、結局失敗に至ることも多いです。
 
  FAQメニューに戻る

DTCに関するWebセミナー

製薬企業マーケティング部門の皆様向けにメールマガジンを無料で発行しています。

日々お仕事などで忙しくされている皆さまに一服の清涼剤として美しいオーストリアの映像と写真をこのギャラリーでお届けします。

日本とオーストリアの間で結ばれた日墺修好通商航海条約が2019年に150周年を迎えます。両国の長い友好を記念しこれを祝賀するための「日墺友好150周年記念舞踏会」開催に当社は協力しています。