DTCに関するFAQ集

DTCの計画を社内申請する際に上層部から効果検証方法を求められます。DTC活動に関する効果検証をどう考えたらよいのでしょうか?


 
DTC を実施した場合の費用対効果については常に話題になることです。 DTC マーケティングは典型的な IMC (統合型マーケティングコミュニケーション)になりますから、 IMC の中の一部のコミュニケーション活動だけを取りだして費用対効果を計ろうとするのは厳密に言うと無理があります。 IMC ではさまざまなコミュニケーション活動が複雑に組み合わされて実施されるのが一般的です。 DTC 実施の際に考えなければいけないのは実施するひとつひとつの活動における結果数字を正しく把握することです。活動に対する結果数字が記録されていればそれを実施後に分析することが可能になります。当然ですが結果数字は実施前にその計測方法を用意周到に準備する必要があります。また、分析方法は一様ではありません。それぞれの DTC 活動ごとに方法論が異なってきます。この種の効果検証の実施に関してノウハウのある外部のコンサルタントなどに相談するのが一番よいでしょう。
 
  FAQメニューに戻る

DTCに関するWebセミナー

製薬企業マーケティング部門の皆様向けにメールマガジンを無料で発行しています。

日々お仕事などで忙しくされている皆さまに一服の清涼剤として美しいオーストリアの映像と写真をこのギャラリーでお届けします。

日本とオーストリアの間で結ばれた日墺修好通商航海条約が2019年に150周年を迎えます。両国の長い友好を記念しこれを祝賀するための「日墺友好150周年記念舞踏会」開催に当社は協力しています。